JOBS

Earth Technologyでの職種は大きく分けて、6種あります。
未経験からでもはじめやすいバイリンガルITサポートを担当したり、向上心・スキル次第でエンジニア種の高いレベルから挑戦したりすることができます。各分野で、自分の成長に応じたステップアップができることが魅力です。
01. バイリンガルエンジニア
>
02. ネットワークエンジニア
>
03. システムエンジニア
>
04. インフラエンジニア
>
05. バイリンガルITサポート
>
06. 翻訳/通訳
>
04. インフラエンジニア

ITインフラ(インフラストラクチャー)を安全快適に使えるよう、設計・構築・運用・保守を行う仕事です。インフラエンジニアは、サーバやルータ、スイッチなどのネットワーク構築に欠かせないハードウェアを選定・配置したり、各機器にインストールされているOSやミドルウェアの詳細な設定を行ったりと、ハードウェアからソフトウェアまでの幅広い分野を担当します。

仕事内容

レベル1

保守

すでに運用されているネットワークやサーバに、エラーが起きていないか監視をしたり、インシデントがあった際の対処(トラブルシューティング)をしたりします。

レベル2

運用

すでに構築されたネットワークやサーバを、日々問題なく利用してもらえるよう、管理・メンテナンスを行います。

レベル3

構築

設計書に基づき、まずは構築するために必要な下準備を行います。機器の調達や設置、接続や動作確認などを行います。

レベル4

設計

クライアントにヒアリングを行い、どのようなITインフラを作るべきかを策定します(=要件定義)。要件が固まり次第、構築に必要な設計書を作成します。また、どのように運用していくかも、設計段階で検討します。

インフラエンジニア 配属プロジェクト例

常駐先:大手SIer
DaaS(Desktop as a Service=デスクトップのクラウドサービス化)導入のための、環境構築とオプション設定を担っています。一からクラウド技術をサービス化するプロジェクトに参画しています。顧客が使いやすいようなオプションも含めたサービスとするため、計画書や設計書、仕様書などさまざまな技術資料を整え、実際にサービスを構築します。
1日のタイムスケジュール
7:30
起床
身支度・英語の勉強
10:00
出社
本日のスケジュール確認
メールチェック
詳細設計書レビュー(構築業務用)
12:00
ランチ休憩
13:00
構築資材の準備(構築業務用)
検証業務(新技術の開発)
14:00
チーム内定例会(1週間の作業進捗共有や確認)
15:30
検証業務
メールチェック
17:30
構築業務
18:30
作業実績表(WBS)の更新
翌日の作業の準備
メールチェック
19:00
退社
キャリアについて

IT技術やネットワーク社会が廃れない限り社会から無くなることはありません

インフラエンジニアの仕事は、IT技術やネットワーク社会が廃れない限り社会から無くなることはありません。世界的にみてもインフラエンジニアは重宝される存在です。要求されるレベルが高いことに間違いはありませんが、それに見合った待遇をしてくれる可能性が高いのも事実です。

また、クラウドの発達により、機器をプログラムで操作できるようになりました。そのため、インフラエンジニアに、プログラミング能力が求められるようになってきています。

日本国内で通用するだけではなく、スキルを持つと、国の壁を越えて世界で活躍できる人材にまで成長します。インフラエンジニア向けに準備されている資格も世界基準で、キャリアを積んでいけば自由な働き方を選ぶこともできます。

ご覧になりたい職種を選択してください
01. バイリンガルエンジニア
>
02. ネットワークエンジニア
>
03. システムエンジニア
>
04. インフラエンジニア
>
05. バイリンガルITサポート
>
06. 翻訳/通訳
>