Earth Tecnologyのインフラエンジニアのプロジェクト

PROJECT

プロジェクト

P

PROJECT

プロジェクトとは

プロジェクトとは

  • クライアント先に常駐しながら業務を進めています

    プロジェクトとは、ある大きな目的を達成するために集団で実行される活動や計画のことです。
    特に期限が定まっていたり、目的を達成したら終了するような限定性を持った計画のことを意味していますが、永続的な組織名や活動名の一部に「プロジェクト」という語を使用する事もあります。

    私たちは、そのプロジェクトを管理する企業(=クライアント)の元に直接出向いて業務を行います。
    いわゆる「客先常駐」と呼ばれる働き方で、当社の社員の多くはEarth Technologyの社内ではなくクライアント先が職場となります。

    例えば、クライアントのとあるモバイル通信会社で「5G環境の整備プロジェクト」が発足し、そこにEarth Technologyの社員が参画することになったとします。
    するとそこに参画する当社の社員は、クライアントが目的とする5G環境の整備を技術的、語学的側面でサポートすることが仕事となります。
    その際、しっかりと課題の根本部分からサポートさせていただくためにクライアント先に常駐しながら業務を進めています。

M

MERIT

客先常駐のメリットとデメリット

客先常駐のメリットとデメリット

グローバル規模の巨大なITシステムの開発はセキュリティ等の関係から客先常駐の形で行われることが多いため、そこに携わるインフラエンジニアにとってこの働き方は決して珍しいものではありません。

  • メリット

    様々なITシステムに関わる機会に恵まれることが挙げられます。ITシステムは 例えば金融や医療、メーカー、交通などの他産業との関わりの中で利用されますので、入社後に様々な 業界のプロジェクトに関わる中で、自分の専門分野を決めていくことが可能です。 また、社内のポジションの充足具合に関係なくステップアップができるのも客先常駐のメリットです。 Earth Technologyでは社内という「内部要因」に関係なく、その人がステップアップすべき適切なタイミング でより難しいプロジェクトに上げていくようなキャリア形成を行っています。

  • デメリット

    会社への帰属意識が薄くなりがちだという問題点があります。 もちろんこのような声は当社の中でも聞かれるものですが、その対応策として定期的な社内イベント を行うことで社内の親睦を深めていくような取組みを行っています。 また、エンジニア一人ひとりに担当の営業メンバーが付く仕組みがありますので、常駐先の業務で何か困った ことがあればすぐに相談していただけます。

A

AREA

勤務エリアについて

勤務エリアについて

  • 全員東京エリアでの勤務となります

    新卒で入社された方は、全員東京エリアでの勤務となります。
    当社のクライアントの多くは東京23区内に拠点を設けているため、このエリアが主要な通勤エリアとなります。
    また、配属されたプロジェクトが東京23区内を拠点とする場合、問題なく通勤していただけるよう予めご準備をお願いいたします。

    なお、当社には東京の他にも大阪、札幌に拠点がありますが、他拠点への異動はありません。

    ※既卒・第二新卒採用の方は、東京、大阪、札幌の各拠点での現地採用となります。他拠点への異動はありません。

P

PERIOD

ひとつのプロジェクトの
期間について

ひとつのプロジェクトの期間について

  • プロジェクトを通して成長のチャンスを
    掴んでいくことを大事にしています

    ひとつのプロジェクトに参画する期間は、概ね2~3年となります。
    ただし、そのプロジェクトでの実績や本人のスキル、意欲などを評価してこの期間よりも早い段階で次のプロジェクトに移動する場合もあります。
    Earth Technologyでプロジェクトを移動することは、今よりも難しい業務に挑戦することを意味します。
    ずっと長く一つのプロジェクトに留まるのではなく、なるべく早い段階で次のプロジェクトに移動して更なる成長のチャンスを掴んでいくことを大事にしています。
    この成長環境はなかなか他社では見られないものであり、当社の特徴のひとつだと言えます。

IT×ENGLISHで
新たな喜びを創り出す

ENTRY